2008年06月15日

ただし、いくら飼いやすいといっても、子供のころに放任してはいけません。

チワワを飼ってみたいという人は相変わらず多いです。
小型犬の中でも最近はさらに小型化が進んで、特に若い女性に人気があります。
チワワを愛犬にしているセレブも多いですが、特にパリス・ヒルトンの愛犬ティンカーベルは有名ですね。
チワワには、毛の短いスムースコートと長いロングコートがいて、ロングコートはパピヨンにも良く似ています。
毛色と同様に、瞳の色も黒や茶褐色など様々な色の個体がいます。
好奇心も自立心も旺盛なチワワですが、飼い主には深い愛情を示します。
どんなに飼いやすいからと言っても、幼少のころはしつけを正しく行なって放任や甘やかしをしないようにしてあげてください。
気に食わないことがあると、吠えたり噛み付いたりして問題行動を起こすようになってしまいます。
ほとんどのチワワは、だれにでも愛想を振りまくのではなく、主人に愛情を集中させる傾向があります。
また、チワワは暑さや寒さに敏感です。外出の際は、夏は炎天下を避け、冬は服で体温を調節してあげてください。
特にチワワ用のブティックは様々な服を取り揃えているので、夏はタンクトップ、冬はパーカーなどを着せてあげましょう。
お散歩用のカラーやリードも可愛らしいのがたくさんあるので、外出も楽しくなりますね。

犬のしつけ ‐ 遠藤トレーナーの犬のしつけ講座


[PR]
発達障害の子育て教育体験記【評価・口コミ・体験談】
posted by チワワマニア at 20:10| 犬のしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。